「ボクシング速報・動画王国」は、世界戦を中心とした試合速報や過去のボクシング試合動画を速報のようにニュース形式で紹介するボクシング動画情報サイトです。
当サイトの詳細はこちら>>
★2019年11月7日(木)
WBSSバンタム級決勝
開催:さいたまスーパーアリーナ
井上尚弥(WBA・IBF同級王者・大橋)

ノニト・ドネア(WBA同級スーパー王者・フィリピン)
★2019年5月19日(日)
WBSSバンタム級準決勝&IBF世界バンタム級タイトルマッチ
開催:スコットランド・グラスゴー
井上尚弥(WBA王者/大橋)

エマヌエル・ロドリゲス(IBF王者/プエルトリコ)
WBSSバンタム級準決勝が行われWBA王者・井上尚弥がIBF王者・エマヌエル・ロドリゲスに2回1分19秒TKOで勝利し、WBSS決勝進出を決めた。井上はWBA2度目の防衛に成功し、IBF王座も獲得した。日本人世界戦の令和第一号勝利となった。
★2019年5月19日(日)
IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ
開催:神戸ポートピアホテル
フェリックス・アルバラード(王者/ニカラグア)

小西伶弥(同級4位/真正)
2度目の世界挑戦に挑んだ小西伶弥がフェリックス・アルバラードに0-3の判定負けを喫し、念願の王座奪取を果すことができなかった。
★2019年5月13日(月)
IBF世界フライ級タイトルマッチ
開催:後楽園ホール
モルティ・ムザラネ(王者/南アフリカ)

黒田雅之(同級4位/川崎新田)
黒田雅之が王者・モルティ・ムザラネに0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。6年ぶりの世界再挑戦だったがムザラネの的確なパンチと技術に完敗。令和第一号の日本人世界王座獲得はお預けとなった。
★2019年5月5日(日)
IBF世界スーパーフライ級タイトルマッチ
開催:アメリカ
ジェルウィン・アンカハス(王者/フィリピン)

船井龍一(同級1位/ワタナベ)
船井龍一が王者・ジェルウィン・アンカハスに7回TKOで敗れ、王座獲得に失敗。令和第一号の日本人世界王者とはならかった。
★2019年3月16日(土)
WBO世界フライ級タイトルマッチ
開催:岐阜メモリアルセンターで愛ドーム
田中恒成(王者/畑中)

田口良一(同級4位/ワタナベ)
3階級制覇王者の田中恒成が元WBA・IBF世界ライトフライ級統一王者・田口良一を3-0の判定で圧倒し、初防衛を果たした。試合はどちらも引くことなく、終始打ち合いに徹した。その間隙を巧みについたのが田中だった。中盤からはクリーンヒットも多くなり、ポイントを制した。田中恒成は、13勝(7KO)でいまだ無敗、田口良一は、27勝(12KO)4敗2分となった。
★2019年2月26日(火)
WBO世界ミニマム級タイトルマッチ
開催:後楽園ホール
ビック・サルダール(王者/フィリピン)

谷口将隆(同級2位/ワタナベ)
世界初挑戦で同級2位の谷口将隆が0-3(110-118、111-117、111-117)の大差判定負けを喫し、王座獲得に失敗した。谷口の戦績は11勝(7KO)3敗となった
サルダールは初防衛に成功し、19勝(10KO)3敗となった。
★2019年1月27日(日)
WBO世界スーパーウエルター級タイトルマッチ
開催:アメリカ
ハイメ・ムンギア(王者/メキシコ)

井上岳志(同級3位/ワールドスポーツ)
同級3位の井上岳志がハイメ・ムンギアに挑戦。0-3の大差判定(108-120、108-120、109-119)で敗れ、王座奪取はならなかった。しかし、判定差以上に善戦し、再チャレンジに望みをつなげた。今後の動向にも目が離せない。井上岳志の戦績は、13勝(7KO)1敗1分となった。
★2019年1月19日(土)
IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
開催:アメリカ
T・Jドヘニー(王者/アイルランド)

高橋竜平(同級10位/横浜光)
同級10位の高橋竜平がT・Jドヘニーに11ラウンド2分18秒TKO負けで、王座奪取はならなかった。高橋は勇敢に攻めるも3回に王者のフックをもらいダウンを奪われる。その後も前へ出るも王者のディフェンスが固い。11回には連打を浴びて万事休す。レフェリーが試合を止めてTKO負けとなった。高橋竜平の戦績は、16勝(6KO)4敗1分となった。
新着ボクシング動画 
長谷川穂積、TKO負けで3階級制覇ならず
2014年4月23日
IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
井上尚弥が日本最速6戦目で世界王座獲得
2014年4月6日
WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
八重樫東がKO勝ちで3度目の防衛に成功
2014年4月6日
WBC世界フライ級タイトルマッチ
河野公平がKO勝ちで王座返り咲き
2014年3月26日
WBA世界スーパーフライ級王座決定戦
粉川拓也が判定で敗れ暫定王座獲得に失敗
2014年3月4日
WBA暫定・世界フライ級タイトルマッチ
内山高志が金子大樹に大差判定勝ち V8達成
2013年12月31日
WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
三浦隆司がハルドンをTKOで下しV2に成功
2013年12月31日
WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
井岡がアルバラードを圧倒 3度目の防衛に成功
2013年12月31日
WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ
八重樫東がエドガル・ソーサを圧倒し、V2達成
2013年12月6日
WBC世界フライ級タイトルマッチ
情報ソース参考 : 日本人ボクサーの世界戦速報
時系列一覧 (試合日が新しいほど上に表示されます)

鬼塚勝也、タノムサクを判定で破り王座獲得

鬼塚勝也1992年4月10日 WBAジュニア・バンタム級王座決定戦 (階級は当時名称)
タノムサク・シスボーベー(タイ) vs 鬼塚勝也(協栄)
空位となっていたWBAジュニア・バンタム級王座決定戦が10日、  で行うわれ、鬼塚勝也(協栄)がタノムサク・シスボーベー(タイ)に挑戦した。

辰吉丈一郎が史上最短でタイトル奪取!

辰吉丈一郎1991年9月19日 WBC世界バンタム級タイトルマッチ
グレグ・リチャードソン(アメリカ) vs 辰吉丈一郎(大阪帝拳)
WBC世界バンタム級タイトルマッチが19日、大阪で行われ、辰吉丈一郎(大阪帝拳)が8戦目にして同級王者のグレグ・リチャードソン(アメリカ)に挑戦。

大橋秀行、最強チャレンジャー リカルド・ロペスに惨敗

大橋秀行1990年10月25日 WBC世界ストロー級タイトルマッチ
大橋秀行(ヨネクラ) vs リカルド・ロペス(メキシコ)
WBC世界ストロー級タイトルマッチが25日、後楽園ホールで行われ、王者・大橋秀行(ヨネクラ)がリカルド・ロペス(メキシコ)と対戦した。

レパード玉熊、世界王座奪取に成功!

レパード玉熊1990年7月29日 WBA世界フライ級タイトルマッチ
李烈雨(韓国) vs レパード玉熊(国際)
WBA世界フライ級タイトルマッチが29日、水戸市民体育館で行われ、レパード玉熊(国際)が王者・李烈雨(韓国)に挑戦した。

バーナード・ホプキンスがKO勝ちで4連勝

ホプキンス vs メルカド1990年5月31日 スーパー・ミドル級・ノンタイトル4回戦
バーナード・ホプキンス(アメリカ) vs ヨウビン・メルカド(アメリカ)
31日、バーナード・ホプキンスがノンタイトル4回戦を行い、ヨウビン・メルカドを2ラウンドKOで下した。

フリオ・セサール・チャベスが残り4秒で奇跡の王座統一

フリオ・セサール・チャベス vs メルドリック・テーラー1990年3月17日 WBC&IBF世界Jr.ウェルター級王座統一戦
フリオ・セサール・チャベス(メキシコ) vs メルドリック・テーラー(アメリカ)
18日、WBC世界Jr.ウェルター級チャンピオン・フリオ・セサール・チャベス(メキシコ)とIBF世界Jr.ウェルター級チャンピオン・メルドリック・テーラー(アメリカ)が王座統一戦を行った。

カオサイ・ギャラクシーが松村謙二を退けV10達成

カオサイ・ギャラクシー vs 松村謙二1989年4月8日 WBA世界Jr.バンタム級タイトルマッチ
カオサイ・ギャラクシー(タイ) vs 松村謙二(JA加古川)
カオサイ・ギャラクシーが10度目の防衛戦で日本のリングに始めて登場した。対戦相手は、元東洋太平洋フライ級チャンピオン・松村謙二。1階級上げての挑戦だ。

パーネル・ウィテカーがIBF世界ライト級王座を獲得

パーネル・ウィテカー(1)1989年2月18日 IBF世界ライト級タイトルマッチ
グレグ・ホーゲン(アメリカ) vs パーネル・ウィテカー(アメリカ)
2月18日、IBF世界ライト級タイトルマッチがアメリカで行われ、挑戦者・パーネル・ウィテカーが王者・グレグ・ホーゲンを判定で下し、IBF世界ライト級王座を獲得した。

高橋ナオトがマーク堀越を逆転KOで下し王座奪取

マーク堀越 vs 高橋ナオト1989年1月22日 日本Jr.フェザー級タイトルマッチ
マーク堀越(八戸帝拳) vs 高橋ナオト(アベ)
22日、日本Jr.フェザー級タイトルマッチが後楽園ホールで行われ、挑戦者・高橋ナオトがマーク堀越を9ラウンド2分42秒KOで下し、日本タイトルを奪取した。

マイク・タイソンが3団体統一ヘビー級王座守る

マイク・タイソン vs タイレル・ビックス1987年10月16日 WBC・WBA・IBF世界ヘビー級タイトルマッチ
マイク・タイソン(アメリカ) vs タイレル・ビックス(アメリカ)
WBC・WBA・IBF世界ヘビー級タイトルマッチがアメリカ・アトランティックシティで行われ、3団体統一ヘビー級王者・マイク・タイソン(アメリカ)がロサンゼルスオリンピック金メダリスト・タイレル・ビックス(アメリカ)を7ラウンド2分59秒KOで下し、王座防衛に成功した。


サイト内検索
アクセスランキング
  1. デンプシーロール炸裂!ジャック・デンプシーが世界王座獲得
  2. マイク・タイソン、史上最年少で世界タイトル奪取!
  3. マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利
スポンサード リンク
タグクラウド
1ラウンドKO 3階級制覇 ko タイトル奪取 マニーパッキャオ 世界再挑戦 世界初挑戦 初防衛 初黒星 判定 史上初 新記録 無敗 王座統一 防衛失敗
全タグ一覧
みんなの評価ランキング
  1. マイク・タイソン、デビュー戦をTKOで飾る
  2. シュガー・レイ・ロビンソンがラモッタ下し、2階級制覇達成
  3. ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝
  4. 花形進、5度目の正直、念願叶った!
  5. フリオ・セサール・チャベスが残り4秒で奇跡の王座統一
トップページLinks
ボクシング・筋トレ・健康情報
関連リンク