Home > タイレル・ビッグス | ヘビー級 | マイク・タイソン > マイク・タイソンが3団体統一ヘビー級王座守る

マイク・タイソンが3団体統一ヘビー級王座守る

1987年10月16日 WBC・WBA・IBF世界ヘビー級タイトルマッチ
マイク・タイソン(アメリカ) vs タイレル・ビックス(アメリカ)

WBC・WBA・IBF世界ヘビー級タイトルマッチがアメリカ・アトランティックシティで行われ、3団体統一ヘビー級王者・マイク・タイソン(アメリカ)がロサンゼルスオリンピック金メダリスト・タイレル・ビックス(アメリカ)を7ラウンド2分59秒KOで下し、王座防衛に成功した。

マイク・タイソンは、1987年8月1日、WBC・WBA・IBF世界ヘビー級王座統一戦でIBF世界ヘビー級王者・トニー・タッカーを下し、3団体統一ヘビー級王座獲得

今回、3団体統一ヘビー級王者として初めての防衛戦である。ここまで、31戦全勝(27KO)。

タイレル・ビックスは、1984年に開催されたロサンゼルスオリンピックにスーパーヘビー級で出場し、金メダル獲得。
1984年11月15日にプロデビューし、6ラウンド判定勝ちを飾った。
その後も、勝ち星を重ねここまで15戦全勝(9KO)。今回、世界初挑戦だ。

試合は、1ラウンドこそ攻めあぐねいていたタイソンだったが、ラウンドを重ねるごとにエンジンがかかってきた。

終始タイソンが押している。しかし、ビックスのクリンチ逃れにより連打をまとめることができない。

そのような中、7ラウンド終盤に試合が動いた。
ガードをこじ開け鋭く刺した左アッパーがビックスの顎をとらえダウン。
立ち上がったビックスだったが、タイソンの連打の前に為すすべなく続けてダウンを奪われ、レフェリーが試合を止めた。

ビックスは、王座奪取に失敗。世界初挑戦で初黒星を喫した。

タイソンは、KO勝ちで3団体統一ヘビー級王座のベルトを守った。(防衛回数は、WBC=4度目、WBA=3度目、IBF=初防衛)

▼ それでは、試合の模様をどうぞ ▼

1~2ラウンド途中

2ラウンド途中~3ラウンド

4ラウンド~5ラウンド途中

5ラウンド途中~6ラウンド

7ラウンド

■ マイク・タイソン MEMO
・ 生年月日 : 1966年6月30日
・ 戦績 : 50勝(44KO) 6敗 2無効試合 (2008年現在)

■ タイレル・ビックス MEMO
・ 生年月日 : 1960年12月22日
・ 戦績 : 30勝(20KO) 10敗 (生涯戦績)

評価 : (ぜひ、星をクリックして、この動画を評価して下さい)
■関連動画速報

Home > タイレル・ビッグス | ヘビー級 | マイク・タイソン > マイク・タイソンが3団体統一ヘビー級王座守る


サイト内検索
アクセスランキング
  1. デンプシーロール炸裂!ジャック・デンプシーが世界王座獲得
  2. マイク・タイソン、史上最年少で世界タイトル奪取!
  3. マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利
スポンサード リンク

タグクラウド
1ラウンドKO 2階級制覇 3階級制覇 ko タイトル奪取 マニーパッキャオ 世界再挑戦 世界初挑戦 初防衛 初黒星 判定 史上初 新記録 無敗 防衛失敗
全タグ一覧
みんなの評価ランキング
  1. マイク・タイソン、デビュー戦をTKOで飾る
  2. シュガー・レイ・ロビンソンがラモッタ下し、2階級制覇達成
  3. ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝
  4. 花形進、5度目の正直、念願叶った!
  5. フリオ・セサール・チャベスが残り4秒で奇跡の王座統一
ボクシング・筋トレ・健康情報
リンク集
関連リンク