Home > エリベルト・ゲホン | ローマン・ゴンサレス | ライトフライ級(ジュニアフライ級) > ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝

ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝

2007年11月3日 ライト・フライ級ノンタイトル10回戦
ローマン・ゴンサレス(ニカラグア) vs エリベルト・ゲホン(フィリピン)

11月3日、ライト・フライ級ノンタイトル10回戦が後楽園ホールで行われ、デビュー以来無敗全KOのローマン・ゴンサレスがエリベルト・ゲホンを1ラウンドKOで下し、15連勝(15KO)を飾った。

ローマン・ゴンサレスは、アマチュア87勝無敗の戦績を引っさげ2005年7月1日プロデビュー。2ラウンドKO勝ちを収める。
これまで14試合を戦い全勝全KOという軽量級とは思えない破壊力で快進撃を続けている。
そして今回、日本のリングに初めて上がることになった。

エリベルト・ゲホンは、2005年9月25日にWBAミニマム級王者・新井田豊に挑戦。ゲホンが負傷したため10ラウンドまでの判定決着となったが、1-2(97-93、95-96、95-96)のスプリットデシジョンで敗れ王座奪取ならず。
2007年9月1日には新井田の持つベルトに再度挑戦するも大差判定で破れ、リベンジに失敗した。
今回は再起第1戦。ここまで23勝(14KO)2敗1分で負けは新井田戦の2試合のみである。

————————————————————————————————————————————-

試合開始早々、ゴンサレスの重いパンチがゲホンに襲い掛かる。
最後は、強烈な左ボディー一発でゲホンを沈めた。

ゲホンは生涯初めてのダウンを奪われ、初のKO負けを喫した。

ゴンサレスは1ラウンド69秒KO勝ちを収め、その恐るべき破壊力を日本人の目に焼き付けたに違いない。

▼ それでは、試合の模様をどうぞ ▼

青トランクス=ローマン・ゴンサレス

■ ローマン・ゴンサレス MEMO
・ 生年月日 : 1987年6月17日
・ 戦績 : 21勝(19KO)無敗

■ エリベルト・ゲホン MEMO
・ 生年月日 : 1979年8月22日
・ 戦績 : 23勝(14KO) 4敗 1分

評価 : (ぜひ、星をクリックして、この動画を評価して下さい)
■関連動画

Home > エリベルト・ゲホン | ローマン・ゴンサレス | ライトフライ級(ジュニアフライ級) > ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝

サイト内検索
アクセスランキング
  1. デンプシーロール炸裂!ジャック・デンプシーが世界王座獲得
  2. マイク・タイソン、史上最年少で世界タイトル奪取!
  3. マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利
スポンサード リンク

タグクラウド
1ラウンドKO 3階級制覇 ko タイトル奪取 マニーパッキャオ 世界再挑戦 世界初挑戦 初防衛 初黒星 判定 史上初 新記録 日本人対決 無敗 防衛失敗
全タグ一覧
みんなの評価ランキング
  1. マイク・タイソン、デビュー戦をTKOで飾る
  2. シュガー・レイ・ロビンソンがラモッタ下し、2階級制覇達成
  3. ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝
  4. 花形進、5度目の正直、念願叶った!
  5. フリオ・セサール・チャベスが残り4秒で奇跡の王座統一
ボクシング・筋トレ・健康情報
リンク集
関連リンク