Home > ウェルター級 | オスカー・デ・ラ・ホーヤ | マニー・パッキャオ > マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利

マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利

2008年12月7日 ウエルター級ノンタイトル12回戦
オスカー・デ・ラ・ホーヤ(アメリカ) vs マニー・パッキャオ(フィリピン)

7日(現地時間6日)、ウエルター級ノンタイトル12回戦がラスベガスで行われ、アジア人初の4階級制覇王者・現WBC世界ライト級王者のマニー・パッキャオが史上初6階級制覇のオスカー・デ・ラ・ホーヤを8ラウンド終了TKOで下した。

6冠王者 vs 4冠王者。
70キロ前後を主戦場とするデ・ラ・ホーヤと60キロ前後を主戦場とするパッキャオが、ウエルター級(66・68キロ以下)で対決した。

本来、交わることのない階級で戦ってきた両者が激突。

デ・ラ・ホーヤは体重を落とし、パッキャオは体重を上げてきた。
しかし、体格差は一目瞭然。身長、リーチでパッキャオがおよそ10センチ劣っているのだ。
デ・ラ・ホーヤが勝つことに誰も疑いはしなかった。しかし・・・

デ・ラ・ホーヤは、1992年バルセロナオリンピックにライト級で出場し、金メダルを獲得。
2004年6月5日、WBO世界ミドル級王座に挑戦し、判定勝ちを収め史上初の6階級制覇を達成した。

一方、マニー・パッキャオは、2008年6月29日・WBC世界ライト級王座に挑戦し、王者・デービッド・ディアスを9ラウンドKO。アジア人初の4階級制覇を達成した。
フロイド・メイウェザー・ジュニアが引退したいま、パッキャオはパウンドフォーパウンドの呼び名高いボクサーである。

まさにドリームマッチの開始である。

パッキャオが戦士となった。体格差をものともせず勇敢に前に出た。スピードで圧倒するパッキャオ。
デ・ラ・ホーヤは切れがなく、終始劣勢を強いられた。

試合が決まったのは、8ラウンド。

パッキャオが有巧打を叩き込み、デ・ラ・ホーヤは防戦一方。ダメージも見て取れる。

このラウンドを持ちこたえたデ・ラ・ホーヤだったが、8ラウンド終了後に白旗を上げた。

パッキャオは不利の状況を覆す大勝利。
パウンドフォーパウンドを名実のものとし、世界NO1の称号を手に入れた。

▼ それでは、試合の模様をどうぞ ▼

ニュース映像

フィリピン・ニュース映像&インタビュー

世紀の一戦へ向けたドキュメンタリー映像

■ オスカー・デ・ラ・ホーヤ MEMO
・ 生年月日 : 1973年2月4日
・ 史上初の6階級制覇王者
・ 戦績 : 39勝(30KO) 6敗

■ マニー・パッキャオ MEMO
・ 生年月日 : 1978年12月17日
・ 戦績 : 51勝(38KO) 3敗 2分

評価 : (ぜひ、星をクリックして、この動画を評価して下さい)
■関連動画速報

Home > ウェルター級 | オスカー・デ・ラ・ホーヤ | マニー・パッキャオ > マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利


サイト内検索
アクセスランキング
  1. デンプシーロール炸裂!ジャック・デンプシーが世界王座獲得
  2. マイク・タイソン、史上最年少で世界タイトル奪取!
  3. マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利
スポンサード リンク

タグクラウド
1ラウンドKO 3階級制覇 ko タイトル奪取 マニーパッキャオ 世界再挑戦 世界初挑戦 初防衛 初黒星 判定 史上初 新記録 無敗 王座統一 防衛失敗
全タグ一覧
みんなの評価ランキング
  1. マイク・タイソン、デビュー戦をTKOで飾る
  2. シュガー・レイ・ロビンソンがラモッタ下し、2階級制覇達成
  3. ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝
  4. 花形進、5度目の正直、念願叶った!
  5. フリオ・セサール・チャベスが残り4秒で奇跡の王座統一
ボクシング・筋トレ・健康情報
リンク集
関連リンク