Home > ボクシング階級

ボクシング階級

階級名 体重(キロ) 体重(ポンド)
ミニマム級 47.627Kg以下 105ポンド以下
ライトフライ級 47.627Kg超~48.988Kg 105超~108ポンド以下
フライ級 48.988Kg超~50.802Kg 108超~112ポンド以下
スーパーフライ級 50.802Kg超~52.163Kg 112超~115ポンド以下
バンタム級 52.163Kg超~53.524Kg 115超~118ポンド以下
スーパーバンタム級 53.524Kg超~55.338Kg 118超~122ポンド以下
フェザー級 55.338Kg超~57.153Kg 122超~126ポンド以下
スーパーフェザー級 57.153Kg超~58.967Kg 126超~130ポンド以下
ライト級 58.967Kg超~61.235Kg 130超~135ポンド以下
スーパーライト級 61.235Kg超~63.503Kg 135超~140ポンド以下
ウエルター級 63.503Kg超~66.678Kg 140超~147ポンド以下
スーパーウエルター級 66.678Kg超~69.853Kg 147超~154ポンド以下
ミドル級 69.853Kg超~72.575Kg 154超~160ポンド以下
スーパーミドル級 72.575Kg超~76.204Kg 160超~168ポンド以下
ライトヘビー級 76.204Kg超~79.379Kg 168超~175ポンド以下
クルーザー級 79.379Kg超~90.719Kg 175超~200ポンド以下
ヘビー級 90.719Kg超 200ポンド超

ボクシングは階級制によって、同じ体重の者同士が戦うことができる平等原理に基づいたスポーツです。

体重はパワーを決める上で大きな要素の一つであり、特にボクシングの最大の攻撃手段であるパンチに影響してきます。そのため、体重を同じくする者同士で戦うことで平等に試合を行うことができるようになっています。

あとは個々の努力や才能によって攻撃や防御の技術力を高めることで、正当な差を持って試合の勝敗やランキングがおのずと決められることになります。

このボクシングの階級制こそが洗練されたスポーツの一つとして世界中の人から愛されている理由であるといえます。

日本人のプロボクサーは主に軽い階級に占める割合が高く、これまでに多くの世界チャンピオンを輩出してきました。軽い階級が多き野は、どうしても体格的に日本人が欧米人に劣っている、あるいは小柄な体型が多いからですが、階級がある事で国々の体格差による不平等が解消され正式なスポーツとして世界的なスポーツに発展したといえます。

ボクシングを階級に注目してみると、どの階級にどのようなチャンピオンがいるのか、過去にどのようなチャンピオンがいたのかなど、横と縦で比較するといろいろな面白味を発見することができます。

ぜひ、階級にも着目してボクシングを楽しんでみてください。

Home > ボクシング階級


サイト内検索
アクセスランキング
  1. デンプシーロール炸裂!ジャック・デンプシーが世界王座獲得
  2. マイク・タイソン、史上最年少で世界タイトル奪取!
  3. マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利
スポンサード リンク

タグクラウド
1ラウンドKO 3階級制覇 ko タイトル奪取 マニーパッキャオ 世界再挑戦 世界初挑戦 初防衛 初黒星 判定 史上初 新記録 日本人対決 無敗 防衛失敗
全タグ一覧
みんなの評価ランキング
  1. マイク・タイソン、デビュー戦をTKOで飾る
  2. シュガー・レイ・ロビンソンがラモッタ下し、2階級制覇達成
  3. ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝
  4. 花形進、5度目の正直、念願叶った!
  5. フリオ・セサール・チャベスが残り4秒で奇跡の王座統一
ボクシング・筋トレ・健康情報
リンク集
関連リンク