Home > 井上尚弥 | ライトフライ級(ジュニアフライ級) > 井上尚弥が日本最速6戦目で世界王座獲得

井上尚弥が日本最速6戦目で世界王座獲得

2014年4月6日 WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
アドリアン・エルナンデス(王者・メキシコ) vs 井上尚弥(同級4位・大橋)

6日、WBC世界フライ級タイトルマッチが大田区総合体育館で行われ、デビュー6戦目の井上尚弥が王者・アドリアン・エルナンデスに6ラウンド2分54秒TKO勝ちを収め、世界初挑戦で王座を獲得。プロ入り6戦目での王座獲得は、日本最速記録となった。

井上は序盤jからエルナンデスにプレッシャーをかけ、コンビネーションで上へ下へと的確なパンチを繰り出した。
終始井上のペースで展開し、4ラウンド終了後の採点もジャッジ3人がすべて40-36とフルマークを付けた。
エルナンデスも5ラウンドに王者の意地を見せ応戦に出るも井上には通用しなkった。

試合が決まったのは、6ラウンド。
防戦一方のエルナンデスの顔面に右がヒット。
立ち上がるも、戦意喪失でファイティングポーズを取れず、井上の世界王座獲得が決まった。

井上は、世界王座獲得の日本最速記録がかかった試合。
これまでは、井岡一翔のデビュー7戦目での王座獲得(2011年)が日本最速だった。
井上は、それを1試合上回るデビュー6戦目で世界王座を獲得し、日本最速記録を樹立。
ちなみに世界最速は、センサク・ムアンスリン (1975年・タイ)とワシル・ロマチェンコ (2014年・ウクライナ)のプロ入り3戦目での世界王座獲得である。

井上は、高校生初のアマチュア7冠を達成し、プロ入り。
ノンタイル戦がテレビ中継させるなどデビュー以来注目を集めていたが、大きなプレッシャーを跳ねのけ、プロ入り6戦無敗のまま王座を獲得した。

▼ それでは、試合の模様をどうぞ ▼

■ 井上尚弥 MEMO
・ 生年月日 : 1993年4月10日
・ 戦績 : 6勝(5KO)無敗

評価 : (ぜひ、星をクリックして、この動画を評価して下さい)
■関連動画

Home > 井上尚弥 | ライトフライ級(ジュニアフライ級) > 井上尚弥が日本最速6戦目で世界王座獲得

サイト内検索
アクセスランキング
  1. デンプシーロール炸裂!ジャック・デンプシーが世界王座獲得
  2. マイク・タイソン、史上最年少で世界タイトル奪取!
  3. マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利
スポンサード リンク

タグクラウド
1ラウンドKO 3階級制覇 ko タイトル奪取 マニーパッキャオ 世界再挑戦 世界初挑戦 初防衛 初黒星 判定 史上初 新記録 日本人対決 無敗 防衛失敗
全タグ一覧
みんなの評価ランキング
  1. マイク・タイソン、デビュー戦をTKOで飾る
  2. シュガー・レイ・ロビンソンがラモッタ下し、2階級制覇達成
  3. ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝
  4. 花形進、5度目の正直、念願叶った!
  5. フリオ・セサール・チャベスが残り4秒で奇跡の王座統一
ボクシング・筋トレ・健康情報
リンク集
関連リンク