Home > ホルヘ・パエス | ライト級 | オスカー・デ・ラ・ホーヤ > オスカー・デ・ラ・ホーヤが無敗のまま2階級制覇達成!

オスカー・デ・ラ・ホーヤが無敗のまま2階級制覇達成!

1994年7月29日 WBO世界ライト級王座決定戦
オスカー・デ・ラ・ホーヤ(アメリカ) vs ホルヘ・パエス(メキシコ)

7月29日、ジョバンニ・パリジが返上したWBO世界ライト級王座をかけた一戦がラスベガスで行われ、オスカー・デ・ラ・ホーヤがホルヘ・パエスに2ラウンドKO勝ちし、WBO世界Jr・ライト級に次ぐ2階級制覇を達成した。

オスカー・デ・ラ・ホーヤは、1992年バルセロナオリンピックにライト級で出場し、金メダルを獲得。
プロデビュー後、無敗のまま挑んだWBO世界Jr・ライト級タイトルマッチ(1994年3月5日)では、王者・ジミー・ブレダルを10ラウンドTKOで破り、王座を獲得した。
同王座を1度防衛後、ベルトを返上し、13勝(12KO)無敗の戦績を引っさげて今回WBO世界ライト級王座決定戦に挑むことになった。

ホルヘ・パエスは、1988年8月4日、29戦目でIBF世界フェザー級王座に挑戦。カルビン・グローブを15ラウンド判定で破り、初のタイトルを獲得した。
1990年4月7日に行われた同王座7度目の防衛戦では、WBO世界フェザー級チャンピオン・ルイ・エスピノサと対戦。判定勝ちを収め、WBO世界フェザー級のベルトも手に入れた。
1度の防衛を経た後、各ベルトを返上しながらIBF世界Jr・ライト級王座、WBA・IBF・WBC世界ライト級統一王座、IBF世界ライト級王座に挑戦するも、いずれも失敗に終わる。
IBF世界ライト級王座挑戦後は、7連勝と勢いに乗り、今回再びタイトルマッチのチャンスがめぐってきた。ここまで53勝(35KO)6敗4分。

試合は、デ・ラ・ホーヤが圧倒的な力の差を見せ付けた。

2ラウンド開始まもなく、デ・ラ・ホーヤが連打で一気に攻め込むと、渾身の左アッパーがパエスの顎を捕らえた。
パエスは前のめりに倒れこむと、そのまま立ち上がることができず勝負あり。

オスカー・デ・ラ・ホーヤが無敗のまま2階級制覇を達成した。

▼ それでは、試合の模様をどうぞ ▼

■ オスカー・デ・ラ・ホーヤ MEMO
・ 生年月日 : 1973年2月4日
・ 戦績 : 38勝(30KO) 5敗 (2008年現在)

■ ホルヘ・パエス MEMO
・ 生年月日 : 1965年10月27日
・ 戦績 : 79勝(41KO) 15敗 5分

評価 : (ぜひ、星をクリックして、この動画を評価して下さい)
■関連動画速報

Home > ホルヘ・パエス | ライト級 | オスカー・デ・ラ・ホーヤ > オスカー・デ・ラ・ホーヤが無敗のまま2階級制覇達成!


サイト内検索
アクセスランキング
  1. デンプシーロール炸裂!ジャック・デンプシーが世界王座獲得
  2. マイク・タイソン、史上最年少で世界タイトル奪取!
  3. マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利
スポンサード リンク

タグクラウド
1ラウンドKO 3階級制覇 ko タイトル奪取 マニーパッキャオ 世界再挑戦 世界初挑戦 初防衛 初黒星 判定 史上初 新記録 無敗 王座統一 防衛失敗
全タグ一覧
みんなの評価ランキング
  1. マイク・タイソン、デビュー戦をTKOで飾る
  2. シュガー・レイ・ロビンソンがラモッタ下し、2階級制覇達成
  3. ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝
  4. 花形進、5度目の正直、念願叶った!
  5. バーナード・ホプキンスがオスカー・デ・ラ・ホーヤ下し史上初の4団体統一王者に
ボクシング・筋トレ・健康情報
リンク集
関連リンク