Home > サマン・ソーチャトロン | ミニマム級(ストロー級) | リカルド・ロペス > リカルド・ロペス、強し。危なげなく7度目の防衛に成功

リカルド・ロペス、強し。危なげなく7度目の防衛に成功

1993年7月3日 WBC世界ストロー級タイトルマッチ
リカルド・ロペス(メキシコ) vs サマン・ソーチャトロン(タイ)

3日、WBC世界ストロー級タイトルマッチがメキシコで行われ、王者・リカルド・ロペスがサマン・ソーチャトロンを2ラウンドKOで下し、7度目の防衛に成功した。

リカルド・ロペスは、1990年10月25日、WBC世界ストロー級チャンピオン・大橋秀行に挑戦。5ラウンドKO勝ちを収め、初挑戦にして王座を獲得した。
王座獲得後もスピード、テクニック、スタミナと類まれな才能を余すところなく発揮し、向かうところ敵なし状態である。
ここまで33勝(24KO)無敗。圧倒的な強さでWBC世界ストロー級王座7度目の防衛戦を迎えた。

サマン・ソーチャトロンは、1993年1月18日タイ国・ストロー級王座を獲得。世界戦は今回が初めてである。
ここまでの戦績は15勝(13KO)1敗1分。軽量級にして86%を超えるKO率は驚異的だ。

————————————————————————————————————————————

1ラウンドから挑戦者・ソーチャトロンは積極的に前へ出るもロペスのガードを崩すことができない。
逆にラウンド終盤ロペスの基本に忠実なワンツーがカウンターで決まりソーチャトロンからダウンを奪った。
ダウンを奪った右の直後に左フックをフォローで入れてくるところは、さずがである。

2ラウンドは、序盤から打ち合いを展開。
ロペスは、ラウンド中盤に再びダウンを奪うと仕留めにかかった。
前に出て打ちまくり、最後は右ストレートで試合を決めた。

恐るべし、リカルド・ロペス。
かすり傷ひとつ負わずに完勝。

2ラウンド2分45秒KO勝ちで、ロペスがWBC世界ストロー級王座7度目の防衛に成功した。

▼ それでは、試合の模様をどうぞ ▼

■ リカルド・ロペス MEMO
・ 生年月日 : 1967年7月25日
・ 戦績 : 51勝(37KO) 1分 無敗 (生涯戦績)

■ サマン・ソーチャトロン MEMO
・ 生年月日 : 1969年8月2日
・ 戦績 : 46勝(35KO) 8敗 1分 (生涯戦績)

評価 : (ぜひ、星をクリックして、この動画を評価して下さい)
■関連動画速報

Home > サマン・ソーチャトロン | ミニマム級(ストロー級) | リカルド・ロペス > リカルド・ロペス、強し。危なげなく7度目の防衛に成功


サイト内検索
アクセスランキング
  1. デンプシーロール炸裂!ジャック・デンプシーが世界王座獲得
  2. マイク・タイソン、史上最年少で世界タイトル奪取!
  3. マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利
スポンサード リンク

タグクラウド
1ラウンドKO 3階級制覇 ko タイトル奪取 マニーパッキャオ 世界再挑戦 世界初挑戦 初防衛 初黒星 判定 史上初 新記録 無敗 王座統一 防衛失敗
全タグ一覧
みんなの評価ランキング
  1. マイク・タイソン、デビュー戦をTKOで飾る
  2. シュガー・レイ・ロビンソンがラモッタ下し、2階級制覇達成
  3. ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝
  4. 花形進、5度目の正直、念願叶った!
  5. フリオ・セサール・チャベスが残り4秒で奇跡の王座統一
ボクシング・筋トレ・健康情報
リンク集
関連リンク