Home > ローマン・ゴンサレス | ミニマム級(ストロー級) | 新井田豊 > 新井田、ローマン・ゴンサレスに敗れ、王座陥落

新井田、ローマン・ゴンサレスに敗れ、王座陥落

2008年9月15日 WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
新井田豊(横浜光) vs ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)

15日、WBA世界ミニマム級タイトルマッチがパシフィコ横浜で行われ、王者・新井田豊が挑戦者・ローマン・ゴンサレスに4ラウンド1分59秒TKOで敗れ、王座を失った。

新井田豊は、1996年11月15日、1ラウンドKO勝ちでプロデビュー戦を飾る。
2001年1月8日には、日本ミニマム級タイトルマッチで鈴木誠に挑戦し、9ラウンドTKO勝ちを収め、無敗のまま日本タイトルを獲得した。

さらに2001年8月25日に行われた世界初挑戦では王者・チャナ・ポーパオインを3-0の判定で下し、WBA世界ミニマム級王座を獲得。
直後、持病と王座獲得による満足感を理由に引退を表明。

しかし、2002年12月に引退を撤回し現役復帰を表明した。

2003年7月12日に行われた復帰第一戦ではWBA世界ミニマム級王者・ノエル・アランブレットに挑戦。しかし、判定で敗れ王座奪取に失敗。初めての負けも経験した。

2004年7月3日にアランブレットに再挑戦。
アランブレットは計量にパスできず王座空位の中、試合が行われたが、新井田が判定勝ちを収め、WBA世界ミニマム級王座を獲得した。

今回、同王座8度目の防衛戦で最強挑戦者・ローマン・ゴンサレスの挑戦を受けることになった。

ローマン・ゴンサレスは、2005年7月1日プロデビューすると圧倒的な攻撃力で連勝街道を突き進む。

2007年11月3日には、王者・新井田豊に2度挑戦したエリベルト・ゲホンを1ラウンド69秒KOで下すなど実力は折り紙つきである。
ここまで20勝(18KO)無敗。
最軽量級にしてKO率が90%・・・まさしく最強チャレンジャーである。

————————————————————————————————————————————

1ラウンドから至近距離での攻防を展開。
ローマン・ゴンサレスのパンチがガードの上からでもズシリと重くのしかかる。

2ラウンド以降、新井田が打ち合いに応じるも押される展開。
ゴンザレスの重いパンチがガードをこじ開け、少しずつダメージを加えた。

新井田の動きは決して悪くはない。王者として素晴らしいテクニックで応戦した。そして真正面から受けて立った。
しかし、ゴンザレスの圧力が凄まじい。
肉体的なダメージが蓄積していることは誰の目に見ても明らかだった。

そして4ラウンド。
打ち合いの中、新井田の右まぶたが腫れて目がふさがった。
レフェリーが試合を止め、ドクターチェックを受ける。

試合続行不可能の判断。

天才と称された新井田が敗れた。
4ラウンド1分59秒TKO負けで8度目の防衛に失敗。

ローマン・ゴンサレスはデビュー以来21連勝でWBA世界ミニマム級王座を奪取した。

▼ それでは、試合の模様をどうぞ ▼

1~3ラウンド終盤

3ラウンド終盤~4ラウンド

■ 新井田豊 MEMO
・ 生年月日 : 1978年10月2日
・ 元WBAミニマム級チャンピオン (2008年現在)
・ 戦績 : 21勝(9KO) 2敗 3分 (2008年現在)

■ ローマン・ゴンサレス MEMO
・ 生年月日 : 1987年6月17日
・ 戦績 : 21勝(19KO)無敗

評価 : (ぜひ、星をクリックして、この動画を評価して下さい)
■関連動画速報

Home > ローマン・ゴンサレス | ミニマム級(ストロー級) | 新井田豊 > 新井田、ローマン・ゴンサレスに敗れ、王座陥落


サイト内検索
アクセスランキング
  1. デンプシーロール炸裂!ジャック・デンプシーが世界王座獲得
  2. マイク・タイソン、史上最年少で世界タイトル奪取!
  3. マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利
スポンサード リンク

タグクラウド
1ラウンドKO 3階級制覇 ko タイトル奪取 マニーパッキャオ 世界再挑戦 世界初挑戦 初防衛 初黒星 判定 史上初 新記録 無敗 王座統一 防衛失敗
全タグ一覧
みんなの評価ランキング
  1. マイク・タイソン、デビュー戦をTKOで飾る
  2. シュガー・レイ・ロビンソンがラモッタ下し、2階級制覇達成
  3. ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝
  4. 花形進、5度目の正直、念願叶った!
  5. フリオ・セサール・チャベスが残り4秒で奇跡の王座統一
ボクシング・筋トレ・健康情報
リンク集
関連リンク