Home > サルバドル・サンチェス | フェザー級 | ウイルフレド・ゴメス > サルバドル・サンチェスがゴメスを撃破、6度目の防衛に成功

サルバドル・サンチェスがゴメスを撃破、6度目の防衛に成功

1981年8月21日 WBC世界フェザー級タイトルマッチ
サルバドル・サンチェス(メキシコ) vs ウイルフレド・ゴメス(プエルトリコ)

21日、WBC世界フェザー級タイトルマッチがラスベガスで行われ、王者・サルバドル・サンチェスがWBC世界J・フェザー級王者であり挑戦者のウイルフレド・ゴメスを8ラウンド2分9秒TKOで下し、6度目の防衛に成功した。

サルバドル・サンチェスは、1975年5月4日にプロデビュー。3ラウンドKO勝ちを飾る。
世界初挑戦は、1980年2月2日。WBC世界フェザー級タイトルマッチで9度目の防衛を狙うダニー・ロペスに挑戦。みごと13ラウンドKO勝ちを収め、タイトルを獲得した。
今回、同王座6度目の防衛戦で「KOキング」ことウイルフレド・ゴメスの挑戦を受けることとなった。
ここまでの戦績、40勝(30KO)1敗1分。

ウイルフレド・ゴメスは、1977年5月21日、世界初挑戦で廉東均(韓国)を12ラウンドTKOで下し、WBC世界J・フェザー級王座を獲得。
2度目の防衛戦でロイヤル小林(国際)を3ラウンドKOで退けると、6度目の防衛戦では52勝(51KO)1分の戦績を誇るWBC世界バンタム級王者・カルロス・サラテの挑戦を受ける。「史上最高のKOキング対決」と銘打たれた一戦で、ゴメスはみごとに6ラウンドKO勝ちを収め、長期政権に勢いを付けることとなった。

その後、防衛を13まで伸ばし、今回、王座を保持したまま、2階級制覇を狙い一階級上のフェザー級王座に挑戦することになった。

ここまでの戦績、32勝(32KO)無敗1分。パンチがあるだけでは到底不可能なKO率100%の実力。パンチ、スピード、テクニック、すべてにおいて超一流のボクサーなのである。

————————————————————————————————————————————

7ラウンドまでサンチェスがやや有利の展開。(7ラウンドまでのポイントでサンチェスが67-65、67-66、67-65で優勢)

勝負が決まったのは、8ラウンド。

至近距離での打ち合いのなかゴメスが反撃に出る。

しかし、ロープを背負ったサンチェスが体勢を入れ替えると立場が逆転した。
サンチェスの右がゴメスの顎を捕らえるとロープ上で座り込むようにダウン。そのまま連打を浴びせマットに沈めた。

ゴメス、立ち上がるもダメージは深く、あえなくレフェリーストップ。

無敗神話が崩れた・・・ゴメスは、初の黒星で2階級制覇に失敗。

サンチェスは8ラウンド2分9秒TKO勝ちで6度目の防衛に成功した。

▼ それでは、試合の模様をどうぞ ▼

7~8ラウンド
サルバドル・サンチェス=水色トランクス

■ ウイルフレド・ゴメス MEMO
・ 生年月日 : 1956年10月26日
・ 戦績 : 44勝(42KO) 3敗 1分 (生涯戦績)

■ サルバドル・サンチェス MEMO
・ 生年月日 : 1959年1月26日 - 1982年8月12日(交通事故により23歳の若さで他界)
・ 戦績 : 44勝(32KO) 1敗 1分 (生涯戦績)

評価 : (ぜひ、星をクリックして、この動画を評価して下さい)
■関連動画速報

Home > サルバドル・サンチェス | フェザー級 | ウイルフレド・ゴメス > サルバドル・サンチェスがゴメスを撃破、6度目の防衛に成功


サイト内検索
アクセスランキング
  1. デンプシーロール炸裂!ジャック・デンプシーが世界王座獲得
  2. マイク・タイソン、史上最年少で世界タイトル奪取!
  3. マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利
スポンサード リンク

タグクラウド
1ラウンドKO 3階級制覇 ko タイトル奪取 デビュー戦 マニーパッキャオ 世界再挑戦 世界初挑戦 初防衛 初黒星 判定 史上初 新記録 無敗 防衛失敗
全タグ一覧
みんなの評価ランキング
  1. マイク・タイソン、デビュー戦をTKOで飾る
  2. シュガー・レイ・ロビンソンがラモッタ下し、2階級制覇達成
  3. ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝
  4. 花形進、5度目の正直、念願叶った!
  5. フリオ・セサール・チャベスが残り4秒で奇跡の王座統一
ボクシング・筋トレ・健康情報
リンク集
関連リンク