Home > 金井晶聡 | 榎洋之 | フェザー級 > 無敗対決、榎洋之が金井晶聡を撃破。初防衛飾る

無敗対決、榎洋之が金井晶聡を撃破。初防衛飾る

2005年1月8日 日本フェザー級タイトルマッチ
榎洋之(角海老宝石) vs 金井晶聡(姫路木下)

1月8日、日本フェザー級タイトルマッチが後楽園ホールで行われ、王者・榎洋之がデビュー以来14連勝全KO中の金井晶聡(同級1位)を7ラウンドTKOで下し、初防衛に成功した。

榎洋之は、アマチュアで38勝(27KO)8敗の戦績を残し1998年8月23日にプロデビュー。デビュー戦では、みごと1ラウンドKO勝利を飾った。
日本タイトルは、2004年9月4日、無敗王者・大之伸くま(福間S/当時)に挑戦。榎が9ラウンドTKO勝ちで無敗対決を制し、日本フェザー級チャンピオンに輝いた。
ここまで、20勝(16KO)無敗1分け、現在7連続KO勝利中である。

対する金井晶聡は、2004年10月3日に行われたノンタイトル戦でデビュー以来負けなしの14連勝を飾る。しかも14戦すべてでKO勝ちを収め、”デビュー以来”連続KO勝利の日本新記録を樹立した。

迎えた15戦目、ここでも記録がかかった。
この試合に勝てば、浜田剛史の持つキャリア途中からの15連続KO勝利日本記録に並ぶのである。

KO決着必死の戦いに注目が集まった。

————————————————————————————————————————————

試合は、榎のジャブが的確にヒット。
金井の右目がふさがった。

執拗にジャブを繰り出し、チャンピオンペースで試合が進む。

迎えた7ラウンド。終始、榎が主導権を握った。
最後は、左ボディーからの左フックで金井の動きが止まり、レフェリーストップ。

金井は15戦目にして初黒星を喫し、連続KO勝利がストップ。

榎は、7ラウンドTKO勝ちで初防衛に成功。
またもや無敗対決を制し、世界へ向け弾みを付けた。

▼ それでは、試合の模様をどうぞ ▼

■ 榎洋之 MEMO
・ 生年月日 : 1979年9月14日
・ 戦績 : 27勝(17KO) 1敗 2分

■ 金井晶聡 MEMO
・ 生年月日 : 1983年7月31日
・ 戦績 : 18勝(17KO) 4敗

評価 : (ぜひ、星をクリックして、この動画を評価して下さい)
■関連動画速報

Home > 金井晶聡 | 榎洋之 | フェザー級 > 無敗対決、榎洋之が金井晶聡を撃破。初防衛飾る


サイト内検索
アクセスランキング
  1. デンプシーロール炸裂!ジャック・デンプシーが世界王座獲得
  2. マイク・タイソン、史上最年少で世界タイトル奪取!
  3. マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利
スポンサード リンク

タグクラウド
1ラウンドKO 2階級制覇 3階級制覇 ko タイトル奪取 マニーパッキャオ 世界再挑戦 世界初挑戦 初防衛 初黒星 判定 史上初 新記録 無敗 防衛失敗
全タグ一覧
みんなの評価ランキング
  1. マイク・タイソン、デビュー戦をTKOで飾る
  2. シュガー・レイ・ロビンソンがラモッタ下し、2階級制覇達成
  3. ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝
  4. 花形進、5度目の正直、念願叶った!
  5. フリオ・セサール・チャベスが残り4秒で奇跡の王座統一
ボクシング・筋トレ・健康情報
リンク集
関連リンク