Home > 榎洋之 | クリス・ジョン | フェザー級 > クリス・ジョンが無敗対決制し、10度目の防衛に成功

クリス・ジョンが無敗対決制し、10度目の防衛に成功

2008年10月24日 WBA世界フェザー級タイトルマッチ
クリス・ジョン(インドネシア) vs 榎洋之(角海老宝石)

10月24日、WBA世界フェザー級タイトルマッチが後楽園ホールで行われ、王者・クリス・ジョンが榎洋之(同級4位)を大差判定で下し、10度目の防衛に成功した。

榎洋之は、デビューから11年目で手にした念願の世界初挑戦。

2006年1月21日には空位となった東洋太平洋王座をかけデーンタクシン・スーンギラーノーイナ(タイ)と対戦。 榎が2ラウンドKOで勝利し東洋太平洋王座を獲得した。
2008年4月5日に行われた同王座3度目の防衛戦では日本フェザー級王者・粟生隆寛とのダブルタイトル戦となり、引き分けで3度目の防衛に成功。
その後、王座を返上しWBA世界フェザー級王者・クリス・ジョンに挑戦することになった。
ここまで、27勝(17KO)無敗2分である。

クリス・ジョンは、2003年9月27日に行われたWBA世界フェザー級暫定王座決定戦でオスカー・レオン(コロンビア)を判定で下し、暫定王座獲得。
その後、WBA世界フェザー級正規王者に認定され、防衛戦では日本人選手とも2度対戦。
初防衛戦で佐藤修、8度目の防衛戦では武本在樹を下し、ここまで9度の防衛に成功している。

ここまでの41勝(22KO)無敗1分。
10度目の防衛戦で榎洋之の挑戦を受けることとなった。

————————————————————————————————————————————

試合は、クリス・ジョンの冷静なボクシングが光った。

序盤、榎の出鼻をくじくと3ラウンドに右アッパーでぐらつかせる。
5ラウンドには連打をまとめジョンが一方的に攻め立てた。

榎は積極的に前へ出るも3ラウンド以降左目が腫れ、不利な状況。
それでも、打撃戦に持ち込み応戦するも決定打がなく、決着は判定へ。

判定の結果、ジョンが3-0(118-110、 118-110、117-111 )で完勝。
42連勝(1分けを挟む)で10度目の防衛に成功した。

榎は、初黒星を喫し、王座獲得はならなった。

▼ それでは、試合の模様をどうぞ ▼

■ クリス・ジョン MEMO
・ 生年月日 : 1979年9月14日
・ 戦績 : 42勝(22KO) 無敗 1分

■ 榎洋之 MEMO
・ 生年月日 : 1979年9月14日
・ 戦績 : 27勝(17KO) 1敗 2分

評価 : (ぜひ、星をクリックして、この動画を評価して下さい)
■関連動画速報

Home > 榎洋之 | クリス・ジョン | フェザー級 > クリス・ジョンが無敗対決制し、10度目の防衛に成功


サイト内検索
アクセスランキング
  1. デンプシーロール炸裂!ジャック・デンプシーが世界王座獲得
  2. マイク・タイソン、史上最年少で世界タイトル奪取!
  3. マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利
スポンサード リンク

タグクラウド
1ラウンドKO 2階級制覇 3階級制覇 ko タイトル奪取 マニーパッキャオ 世界再挑戦 世界初挑戦 初防衛 初黒星 判定 史上初 新記録 無敗 防衛失敗
全タグ一覧
みんなの評価ランキング
  1. マイク・タイソン、デビュー戦をTKOで飾る
  2. シュガー・レイ・ロビンソンがラモッタ下し、2階級制覇達成
  3. ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝
  4. 花形進、5度目の正直、念願叶った!
  5. フリオ・セサール・チャベスが残り4秒で奇跡の王座統一
ボクシング・筋トレ・健康情報
リンク集
関連リンク