Home > ウェルター級 | マニー・パッキャオ > マニー・パッキャオが判定負け WBO王座陥落

マニー・パッキャオが判定負け WBO王座陥落

2012年6月9日(日本時間10日) WBO世界ウェルター級タイトルマッチ
マニー・パッキャオ(王者・フィリピン) vs ティモシー・ブラッドリー(WBOスーパーライト級王者・アメリカ)

9日(日本時間10日)、WBO世界ウェルター級タイトルマッチが米ラスベガス・MGMグランドガーデンで行われ、マニー・パッキャオがティモシー・ブラッドリーに1-2の判定で敗れ、王座から陥落した。

試合は、手数こそブラッドリーが若干上だったが、有効打ではパッキャオが勝っていた。
試合を支配していたパッキャオが優勢に試合を進めていたことを明らかだった。

パッキャオ勝利を確信して、判定が告げられた。
2-1でブラッドリーの勝利である。

大ブーイングが鳴り響いたことは、その結果が不可思議なものであることを物語っていた。

ブラッドリーのマネージャーでさえ116-112でパッキャオ勝利に付けたと言う。
ブラッドリー本人も判定の集計前に「精一杯やったけど勝てなかった」と語ったとも伝えられている。

後日、WBOの国際ジャッジによるビデオで検証が行われたが、判定は覆らなかった。

パッキャオは、2005年3月以来の黒星を喫し、王座から陥落した。
ブラッドリーは、無敗のままスーパーライト級に続く2階級制覇を達成した。

▼ それでは、試合の模様をどうぞ ▼

ダイジェスト

■ マニー・パッキャオ MEMO
・ 生年月日 : 1978年12月17日
・ 戦績 : 54勝(38KO) 4敗 2分

■ ティモシー・ブラッドリー MEMO
・ 生年月日 : 1983年8月29日
・ 戦績 : 29勝(12KO) 無敗 1無効試合

評価 : (ぜひ、星をクリックして、この動画を評価して下さい)
■関連動画速報

Home > ウェルター級 | マニー・パッキャオ > マニー・パッキャオが判定負け WBO王座陥落


サイト内検索
アクセスランキング
  1. デンプシーロール炸裂!ジャック・デンプシーが世界王座獲得
  2. マイク・タイソン、史上最年少で世界タイトル奪取!
  3. マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利
スポンサード リンク

タグクラウド
1ラウンドKO 2階級制覇 3階級制覇 ko タイトル奪取 マニーパッキャオ 世界再挑戦 世界初挑戦 初防衛 初黒星 判定 史上初 新記録 無敗 防衛失敗
全タグ一覧
みんなの評価ランキング
  1. マイク・タイソン、デビュー戦をTKOで飾る
  2. シュガー・レイ・ロビンソンがラモッタ下し、2階級制覇達成
  3. ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝
  4. 花形進、5度目の正直、念願叶った!
  5. フリオ・セサール・チャベスが残り4秒で奇跡の王座統一
ボクシング・筋トレ・健康情報
リンク集
関連リンク