Home > ヘビー級 | ロッキー・マルシアノ | ジョー・ルイス > マルシアノが英雄ジョー・ルイスを衝撃KOで下す

マルシアノが英雄ジョー・ルイスを衝撃KOで下す

1951年10月26日 ヘビー級ノンタイトル10回戦
ジョー・ルイス(アメリカ) vs ロッキー・マルシアノ(アメリカ)

10月26日、ヘビー級10回戦がニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われ、ロッキー・マルシアノが世界王座25度防衛の英雄・ジョー・ルイスを8ラウンドKOで下した。

ジョー・ルイスは、1934年のプロデビュー戦で1ラウンドKO勝利を飾る。
1936年6月19日に行われたマックス・シュメリング戦で12ラウンドKO負けを喫するも、1937年6月22日には世界初挑戦でヘビー王者・ジェームス・J・ブラドックを8ラウンドKOで下し、王座を獲得した。
その後、同王座を25連続防衛(21KO)を果たし引退。(25連続防衛は世界記録)

しかし、1950年9月27日にカムバック。王者・エザード・チャールズに挑戦するも判定負けを喫した。
その後は、8連勝と波に乗ってロッキー・マルシアノとの対戦の日を迎えた。

ロッキー・マルシアノは、1947年にプロデビューし、3ラウンドKO勝利を収めると怒涛の連戦連勝。
ここまで37連勝(32KO)でジョー・ルイスと対戦することとなった。

試合が決まったのは、8ラウンド。
マルシアノの強烈な左フックがルイスの顔面を捉えると飛ばされながらダウン。
ルイス、立ち上がるも防戦一方である。

今度は、左アッパーから右ストレートの強烈なコンビネーションがみごとに決まった。

ルイスは意識を失いリングの外に放り出され、KO負け。この試合を最後に完全に引退。

ロッキー・マルシアノは、38連勝(33KO)を達成し、実力をアメリカ国民の目に焼き付けた。

▼ それでは、試合の模様をどうぞ ▼

白トランクス=ロッキー・マルシアノ
7ラウンド&8ラウンド

■ ジョー・ルイス MEMO
・ 生年月日 : 1914年5月13日 - 1981年4月12日
・戦績 : 69勝(55KO) 3敗 (生涯戦績)

■ ロッキー・マルシアノ MEMO
・ 生年月日 : 1923年9月1日 - 1969年8月31日
・ 戦績 : 49勝(43KO) 無敗(生涯戦績)

評価 : (ぜひ、星をクリックして、この動画を評価して下さい)
■関連動画速報

Home > ヘビー級 | ロッキー・マルシアノ | ジョー・ルイス > マルシアノが英雄ジョー・ルイスを衝撃KOで下す


サイト内検索
アクセスランキング
  1. デンプシーロール炸裂!ジャック・デンプシーが世界王座獲得
  2. マイク・タイソン、史上最年少で世界タイトル奪取!
  3. マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利
スポンサード リンク

タグクラウド
1ラウンドKO 3階級制覇 ko タイトル奪取 マニーパッキャオ 世界再挑戦 世界初挑戦 初防衛 初黒星 判定 史上初 新記録 無敗 王座統一 防衛失敗
全タグ一覧
みんなの評価ランキング
  1. マイク・タイソン、デビュー戦をTKOで飾る
  2. シュガー・レイ・ロビンソンがラモッタ下し、2階級制覇達成
  3. ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝
  4. 花形進、5度目の正直、念願叶った!
  5. フリオ・セサール・チャベスが残り4秒で奇跡の王座統一
ボクシング・筋トレ・健康情報
リンク集
関連リンク