Home > ヘビー級 | ジャーシー・ジョー・ウォルコット | ロッキー・マルシアノ > ロッキー・マルシアノが王者ウォルコットを逆転KOで下し、王座獲得

ロッキー・マルシアノが王者ウォルコットを逆転KOで下し、王座獲得

1952年9月23日 世界ヘビー級タイトルマッチ
ジャーシー・ジョー・ウォルコット(アメリカ) vs ロッキー・マルシアノ(アメリカ)

9月23日、世界ヘビー級タイトルマッチがフィラデルフィアで行われ、挑戦者・ロッキー・マルシアノが王者・ジャーシー・ジョー・ウォルコットを13ラウンドKOで下し、世界ヘビー級王座を奪取した。

ジャーシー・ジョー・ウォルコットは、1930年にプロデビュー。
世界初挑戦は、1947年12月5日。ヘビー級最強王者・ジョー・ルイスに15ラウンド判定負けを喫し王座奪取に失敗した。
1948年6月25日には、再びジョー・ルイスに挑戦するも、11ラウンドKO負けでリベンジならず。
1949年6月22日には、空位となったNBAヘビー級王座をエザード・チャールズと争うも15ラウンド判定負け。
1951年3月7日には、3度目の防衛戦に望むエザード・チャールズに挑戦するも、またしてもリベンジに失敗した。
春の訪れは1951年7月18日。エザード・チャールズに再び挑戦し、みごと7ラウンドKO勝ち。念願の世界ヘビー級タイトルを手にした。(王座獲得最年長記録樹立/37歳6ヶ月での獲得-当時の記録)
1度目の防衛戦では、エザード・チャールズの挑戦を受け、15ラウンド判定勝ちで決着を付けた。
今回、2度目の防衛戦でロッキー・マルシアノを迎えることになった。

ロッキー・マルシアノは、1947年にプロデビュー。
1951年10月26日には、引退を表明後カムバックした元世界ヘビー級王者ジョー・ルイスを8ラウンドKOで下す。この試合を最後にルイスは完全に引退することになった。
その後も連戦連勝KOの山を築き、42勝(37KO)無敗の戦績を引っさげ世界初挑戦の日が訪れた。

試合は、初回、ウォルコットがマルシアノから強烈なダウン奪う。
その後もウォルコットのラウンドが続き12ラウンドまで圧倒的に不利な状況だった。

しかし、13ラウンドにマルシアノのワンパンチが大逆転へと導いた。

強烈な右フックがウォルコットの顎を貫き、形容しがたいほどの大きなダメージを与えた。
ウォルコットは、ゆっくりと前のめりに崩れ落ち、微動だにしない。

立ち上がれないことは明らかだった。そのまま10カウント。

世界初挑戦のマルシアノが歴史的KO勝利でヘビー級チャンピオンに輝いた。

▼ それでは、試合の模様をどうぞ ▼

KOした右フックは後に「スージーQ」と名づけられ、プロボクシング史を代表するワンパンチであると言われている。
ちなみに映画「ロッキー」は、ロッキー・マルシアノの名前を由来としている。

1ラウンド&13ラウンド ハイライト映像

ドキュメント番組-13秒過ぎからハイライト映像~39秒からKOラウンド

■ ジャーシー・ジョー・ウォルコット MEMO
・ 生年月日 : 1914年1月31日 - 1994年2月25日
・ 戦績 : 53勝(33KO) 18敗 1分(生涯戦績)

■ ロッキー・マルシアノ MEMO
・ 生年月日 : 1923年9月1日 - 1969年8月31日
・ 戦績 : 49勝(43KO) 無敗(生涯戦績)

評価 : (ぜひ、星をクリックして、この動画を評価して下さい)
■関連動画速報

Home > ヘビー級 | ジャーシー・ジョー・ウォルコット | ロッキー・マルシアノ > ロッキー・マルシアノが王者ウォルコットを逆転KOで下し、王座獲得


サイト内検索
アクセスランキング
  1. デンプシーロール炸裂!ジャック・デンプシーが世界王座獲得
  2. マイク・タイソン、史上最年少で世界タイトル奪取!
  3. マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利
スポンサード リンク

タグクラウド
1ラウンドKO 3階級制覇 ko タイトル奪取 デビュー戦 マニーパッキャオ 世界再挑戦 世界初挑戦 初防衛 初黒星 判定 史上初 新記録 無敗 防衛失敗
全タグ一覧
みんなの評価ランキング
  1. マイク・タイソン、デビュー戦をTKOで飾る
  2. シュガー・レイ・ロビンソンがラモッタ下し、2階級制覇達成
  3. ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝
  4. 花形進、5度目の正直、念願叶った!
  5. フリオ・セサール・チャベスが残り4秒で奇跡の王座統一
ボクシング・筋トレ・健康情報
リンク集
関連リンク