Home > ヘビー級 | ケン・ノートン | ラリー・ホームズ > ラリー・ホームズがケン・ノートンを判定で下し、王座奪取に成功

ラリー・ホームズがケン・ノートンを判定で下し、王座奪取に成功

1978年6月9日 WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
ケン・ノートン(アメリカ) vs ラリー・ホームズ(アメリカ)

6月9日、WBC世界ヘビー級タイトルマッチがラスベガスで行われ、挑戦者・ラリー・ホームズが王者・ケン・ノートンを12ラウンド僅差判定で下し、WBC世界ヘビー級王座を獲得した。

ケン・ノートンは、1973年3月31日、モハメド・アリの持つNABF北米ヘビー級王座に挑戦。ノートンがアリの顎を砕き判定勝ち。
1973年9月10日、アリのリベンジを受けるも判定負けを喫し、NABF北米ヘビー級王座陥落。
1974年3月26日には、世界初挑戦でジョージ・フォアマン挑戦するも、2ラウンドKOで敗れ王座奪取に失敗。
その後、7試合連続KOを果たし復活するも、1976年9月28日、世界ヘビー級タイトルマッチでモハメド・アリに僅差判定負け。念願の王座獲得はならなかった。
1977年11月15日、次期世界ヘビー級王座戦挑戦権をかけた一戦では、ジミー・ヤングに僅差の判定勝ちを収めた。
1978年3月、世界ヘビー級王者・レオン・スピンクスがWBCが指定したノートンとの対戦を拒否。これを受けて、WBCはスピンクスからタイトルを剥奪し、ノートンを新王者に認定。ノートンは世界戦で一勝もしないまま世界ヘビー級王者となった。

迎えた初防衛戦。快進撃を続けるラリー・ホームズを倒し、真のチャンピオンとなれるか。ノートンにとっては、落とせない一戦だ。ここまでの戦績、40勝(31KO)4敗。

ラリー・ホームズは、1973年にプロデビュー。前年1972年にミュンヘンオリンピック代表を目指したが、念願かなわず。
しかし、プロ入り後は、負けなしの27連勝(19KO)で世界ヘビー級王座に挑戦することになった。

————————————————————————————————————————————-

ケン・ノートンは、ラリー・ホームズの快進撃を止められなかった・・・

両者ふらふらになりながらも死闘を尽くし決着は判定へ。
ホームズが2-1の僅差判定(142-143、143-142、143-142)でノートンを下し、無敗のままヘビー級王座を獲得した。

ノートンは、戦わずして得た王座を防衛することもなくタイトルを失い、真の王者として時代を築くことはできなかった。

▼ それでは、試合の模様をどうぞ ▼

白トランクス=ラリー・ホームズ

■ ラリー・ホームズ MEMO
・ 生年月日 : 1949年11月3日
・ 戦績 : 69勝(44KO) 6敗 (生涯戦績)

■ ケン・ノートン MEMO
・ 生年月日 : 1943年8月9日
・ 戦績 : 42勝(33KO) 7敗 1分 (生涯戦績)

評価 : (ぜひ、星をクリックして、この動画を評価して下さい)
■関連動画速報

Home > ヘビー級 | ケン・ノートン | ラリー・ホームズ > ラリー・ホームズがケン・ノートンを判定で下し、王座奪取に成功


サイト内検索
アクセスランキング
  1. デンプシーロール炸裂!ジャック・デンプシーが世界王座獲得
  2. マイク・タイソン、史上最年少で世界タイトル奪取!
  3. マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利
スポンサード リンク

タグクラウド
1ラウンドKO 3階級制覇 ko タイトル奪取 マニーパッキャオ 世界再挑戦 世界初挑戦 初防衛 初黒星 判定 史上初 新記録 日本人対決 無敗 防衛失敗
全タグ一覧
みんなの評価ランキング
  1. マイク・タイソン、デビュー戦をTKOで飾る
  2. シュガー・レイ・ロビンソンがラモッタ下し、2階級制覇達成
  3. ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝
  4. 花形進、5度目の正直、念願叶った!
  5. フリオ・セサール・チャベスが残り4秒で奇跡の王座統一
ボクシング・筋トレ・健康情報
リンク集
関連リンク