Home > シェーン・モズリー | アントニオ・マルガリート | ウェルター級 > シェーン・モズリーがアントニオ・マルガリートを撃破

シェーン・モズリーがアントニオ・マルガリートを撃破

2009年1月25日 WBA世界ウエルター級タイトルマッチ
アントニオ・マルガリート(メキシコ) vs シェーン・モズリー(アメリカ)

日本時間25日、WBA世界ウエルター級タイトルマッチがロサンゼルスで行われ、元3階級王者・シェーン・モズリーがアントニオ・マルガリートを9回TKOで下し、タイトルを獲得した。

シェーン・モズリーは、アマチュアで260戦250勝の戦績を残しプロ入り。
1993年2月11日に行なわれたデビュー戦では、5回KO勝利を収めている。
1997年8月2日にIBF世界ライト級王座を獲得。
2000年6月17日には、WBC世界ウェルター級タイトルマッチでオスカー・デ・ラ・ホーヤに挑戦し、2-1の判定勝ち。2階級制覇達成。
2003年9月13日にWBA・WBC世界スーパーウェルター級王者・オスカー・デ・ラ・ホーヤに再度挑戦し、3対0の判定勝ちを収め、3階級制覇を達成した。

しかし、2004年3月13日の初防衛戦でロナルド・ライトに12回判定で敗れ、WBA・WBC世界スーパーウェルター級王座を失った。

その後、WBCウェルター級暫定王座を獲得するも返上。
2007年11月10日にWBAウェルター級王者・ミゲール・コットに挑戦するも判定負けを喫した。

そして今回、ミゲール・コットを破り王者に就いたアントニオ・マルガリートに挑戦することになった。

アントニオ・マルガリートは、2002年3月16日にWBO世界ウェルター級を獲得。以後7度の防衛を果たす。
2008年4月12日には、IBF世界ウェルター級王座を獲得。防衛戦を行わないまま王座を返上。
2008年7月26日に行なわれたWBA世界ウェルター級タイトルマッチでは無敗王者ミゲール・コットに挑戦し、11ラウンドKO勝ち。WBO、IBFに続き、WBAのタイトルをも獲得した。今回が初防衛戦である。

試合は、モズリーの上下に打ち分けるテクニックに翻弄され、マルガリートが8ラウンドにダウンを奪われる。

続く9ラウンド、マルガリートに力は残されておらず、防戦一方。
最後は、一方的に打たれるマルガリートのダウン直前にレフェリーが試合を止めた。

アントニオ・マルガリートは、初のKO負けで王座を失った。

▼ それでは、試合の模様をどうぞ ▼

8~9ラウンド

■ シェーン・モズリー MEMO
・ 生年月日 : 1971年9月8日
・ 戦績 : 46勝(39KO) 5敗 1無効試合

■ アントニオ・マルガリート MEMO
・ 生年月日 : 1978年3月18日
・ 戦績 : 37勝(27KO) 6敗 1無効試合

評価 : (ぜひ、星をクリックして、この動画を評価して下さい)
■関連動画速報

Home > シェーン・モズリー | アントニオ・マルガリート | ウェルター級 > シェーン・モズリーがアントニオ・マルガリートを撃破


サイト内検索
アクセスランキング
  1. デンプシーロール炸裂!ジャック・デンプシーが世界王座獲得
  2. マイク・タイソン、史上最年少で世界タイトル奪取!
  3. マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利
スポンサード リンク

タグクラウド
1ラウンドKO 3階級制覇 ko タイトル奪取 マニーパッキャオ 世界再挑戦 世界初挑戦 初防衛 初黒星 判定 史上初 新記録 無敗 王座統一 防衛失敗
全タグ一覧
みんなの評価ランキング
  1. マイク・タイソン、デビュー戦をTKOで飾る
  2. シュガー・レイ・ロビンソンがラモッタ下し、2階級制覇達成
  3. ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝
  4. 花形進、5度目の正直、念願叶った!
  5. フリオ・セサール・チャベスが残り4秒で奇跡の王座統一
ボクシング・筋トレ・健康情報
リンク集
関連リンク