Home > ヘビー級 | マックス・シュメリング | ジョー・ルイス > 国家の戦い、ジョー・ルイスがマックス・シュメリングにKO勝ち

国家の戦い、ジョー・ルイスがマックス・シュメリングにKO勝ち

1938年6月22日 世界ヘビー級タイトルマッチ
ジョー・ルイス(アメリカ) vs マックス・シュメリング(ドイツ)

6月22日、「第二次世界大戦前哨戦」と銘打たれた試合がアメリカ・ヤンキーススタジアムで行われ、王者ジョー・ルイスが挑戦者マックス・シュメリングを1ラウンドKOで下し、王座防衛に成功した。

マックス・シュメリングは、1930年6月12日、世界ヘビー級王座決定戦でジャック・シャーキー(アメリカ)と対戦。4ラウンドにジャック・シャーキーの反則によりシュメリングが世界王座を獲得。
しかし、ジャック・シャーキーと再戦した2度目の防衛戦で15ラウンド判定負けを喫し王座から陥落した。

そして、第二次世界大戦直前のこの試合でナチス・ドイツ・アドルフ・ヒトラーからアメリカのボクサーを倒してくることを厳命される。今度は刺客として敵国アメリカに送り込まれることになった。
ジョー・ルイスとは過去に1度対戦(1936年6月19日)し、その時はシュメリングが12ラウンド2分29秒KO勝ちを収めている。

ジョー・ルイスは、1937年6月22日に行われた世界ヘビー級タイトルマッチで王者・ジェームス・J・ブラドックを8ラウンドKOで下し、王座獲得。
3度の防衛を果たし、ここまで38勝(32KO)1敗。
そう、唯一敗れているのが、マックス・シュメリングただ一人なのである。

フランクリン・ルーズベルト大統領からは、

「敵国ドイツを打ち負かすためには、君のような筋肉が必要なのだ」

と大きな期待がかけられるとともに、想像だにできない重圧がのしかかった。

—————————————————————————————————————————————

重圧から開放されるまでに時間はかからなかった。
いや、ルイスにとってはとてつもなく長い時間に感じされたに違いない。

1ラウンドにジョー・ルイスの重厚なパンチがシュメリングを捕らえると、立て続けに3度のダウンを奪う。
終始防戦一方となったシュメリングは4度目のダウンで力尽きた。

アメリカとドイツ、国の威信をかけた戦いはアメリカ・ジョー・ルイスに軍配。ルイスが圧倒的な強さで4度目の防衛に成功した。

▼ それでは、試合の模様をどうぞ ▼

■ ジョー・ルイス MEMO
・ 生年月日 : 1914年5月13日 - 1981年4月12日
・戦績 : 69勝(55KO) 3敗 (生涯戦績)

■ マックス・シュメリング MEMO
・ 生年月日 : 1905年9月28日 - 2005年2月2日
・戦績 : 56勝(39KO) 10敗 4分 (生涯戦績)

評価 : (ぜひ、星をクリックして、この動画を評価して下さい)
■関連動画速報

Home > ヘビー級 | マックス・シュメリング | ジョー・ルイス > 国家の戦い、ジョー・ルイスがマックス・シュメリングにKO勝ち


サイト内検索
アクセスランキング
  1. デンプシーロール炸裂!ジャック・デンプシーが世界王座獲得
  2. マイク・タイソン、史上最年少で世界タイトル奪取!
  3. マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利
スポンサード リンク

タグクラウド
1ラウンドKO 3階級制覇 ko タイトル奪取 マニーパッキャオ 世界再挑戦 世界初挑戦 初防衛 初黒星 判定 史上初 新記録 無敗 王座統一 防衛失敗
全タグ一覧
みんなの評価ランキング
  1. マイク・タイソン、デビュー戦をTKOで飾る
  2. シュガー・レイ・ロビンソンがラモッタ下し、2階級制覇達成
  3. ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝
  4. 花形進、5度目の正直、念願叶った!
  5. フリオ・セサール・チャベスが残り4秒で奇跡の王座統一
ボクシング・筋トレ・健康情報
リンク集
関連リンク