Home > ドノバン"レーザー"ラドック | ヘビー級 | レノックス・ルイス > レノックス・ルイスがラドックを下し、ヘビー級王座挑戦権獲得

レノックス・ルイスがラドックを下し、ヘビー級王座挑戦権獲得

1992年10月31日 WBC世界ヘビー級タイトル指名挑戦者決定戦
レノックス・ルイス(イギリス) vs ドノバン”レーザー”ラドック(カナダ)

31日、WBC世界ヘビー級タイトル指名挑戦者決定戦が行われ、レノックス・ルイスがドノバン”レーザー”ラドックを2ラウンドKOで破り、WBC世界ヘビー級タイトル挑戦権を獲得した。

レノックス・ルイスは、1988年に開催されたソウルオリンピックにスーパーヘビー級で出場し(カナダ代表)、リディック・ボウを圧勝で下し金メダル獲得。

プロデビューは、1989年6月27日。196cmの体格を生かしたうち下ろしの右を武器に、ここまで21勝(17KO)無敗の戦績を記録している。

ドノバン”レーザー”ラドックは、スマッシュを武器とするハードパンチャーである。
1991年3月と6月に元WBA・WBC・IBF統一世界ヘビー級王者・マイク・タイソンと対戦し、敗れはしたものの激闘を展開。1戦目はレフェリーストップによるTKO負け。それが早すぎるストップであったと議論を呼び、すぐさま再戦が行われたが判定で敗れた。

1992年2月15日には元WBA世界ヘビー級王者・グレグ・ペイジをKOで下し、今回、世界王座挑戦権のチャンスが巡ってきた。ここまで27勝(20KO)3敗1分。

試合は、1ラウンド終了間際にルイスの振り下ろした右がヒットし、ダウンを奪う。ラドックは立ち上がったもののゴングに救われる格好となった。

さらにルイスは2ラウンド開始早々ダウンを奪うと、立ち上がったラドックを一気にたたみかけ試合を決めた。

レノックス・ルイスがみごとなKO勝ちでWBC世界ヘビー級タイトル挑戦権を獲得した。

▼ それでは、試合の模様をどうぞ ▼

1ラウンド

2ラウンド

■ レノックス・ルイス MEMO
・ 生年月日 : 1965年9月2日
・ 戦績 : 41勝(32KO) 2敗 1分

■ ドノバン”レーザー”ラドック MEMO
・ 生年月日 : 1963年12月21日
・ 戦績 : 37勝(28KO) 5敗 1引

評価 : (ぜひ、星をクリックして、この動画を評価して下さい)
■関連動画速報

Home > ドノバン"レーザー"ラドック | ヘビー級 | レノックス・ルイス > レノックス・ルイスがラドックを下し、ヘビー級王座挑戦権獲得


サイト内検索
アクセスランキング
  1. デンプシーロール炸裂!ジャック・デンプシーが世界王座獲得
  2. マイク・タイソン、史上最年少で世界タイトル奪取!
  3. マニー・パッキャオがデラホーヤに歴史的勝利
スポンサード リンク

タグクラウド
1ラウンドKO 3階級制覇 ko タイトル奪取 デビュー戦 マニーパッキャオ 世界再挑戦 世界初挑戦 初防衛 初黒星 判定 史上初 新記録 無敗 防衛失敗
全タグ一覧
みんなの評価ランキング
  1. マイク・タイソン、デビュー戦をTKOで飾る
  2. シュガー・レイ・ロビンソンがラモッタ下し、2階級制覇達成
  3. ローマン・ゴンサレスが69秒KO勝ち、デビュー以来15連勝
  4. 花形進、5度目の正直、念願叶った!
  5. フリオ・セサール・チャベスが残り4秒で奇跡の王座統一
ボクシング・筋トレ・健康情報
リンク集
関連リンク